装飾用シートのはがし方(ガラス面)

装飾用シートのはがし方

ガラス面に使用されている装飾用シートの、基本的なはがし方をご紹介します。
※強粘着力のシートやガラスの状態によっては、専門技術が必要となりますので、施工会社へお任せすることをお勧めいたします。

シートをはがす際、必要な道具

シートをはがす際、必要な道具

シートを剥がす際に、下記のような道具があると便利です。
また、刃物を使う際は、力をいれすぎると怪我をするおそれがります。新しい刃を使い、注意して作業してください。 ●カッター ●スクレイパー/ヘラ
●ドライヤー ●シール剥がし剤 ●霧吹き

はがし方の3つのポイント

  • 端から、ゆっくりはがします
    端から、ゆっくりはがします。
    粘着力が強い場合はヘラを使って。

    再剥離タイプのシートや、貼ってからあまり経過していないシートであれば、カッターなどでシートの端を少しはがし、ゆっくりと手で引っ張ることで簡単にはがすことができます。
    粘着力の強いシートや、耐用年数を超えて長期間貼られているシートの場合は、スクレイパーやヘラを用いて、ガラス面を傷めないよう慎重にシートの端からはがしていきましょう。

  • ドライヤーを使えば糊が柔らかくなり、 はがしやすくなります。
    ドライヤーを使えば糊が柔らかくなり、
    はがしやすくなります。

    粘着力が強い場合や気温が低い時などは、シートにドライヤーで熱風を吹き付けると糊が柔らかくなり、はがしやすくなります。冷めたら再度熱風を吹き付けてスクレイパーで慎重にはがす。この作業を、焦らずにゆっくりと繰り返していきましょう。

  • シールはがし剤が効果的です。
    ガラス面に残った糊には、
    シールはがし剤が効果的です。

    粘着力が強いシートの場合、はがしたガラス面に糊が残ってしまうことがあります。その際は市販のシールはがし剤をスプレーして浸透させてから、布やヘラで取り除きましょう。
    最後に霧吹きを使って細かい糊を水拭きしたら完了です。
    ※なお、シールはがし剤を使用する際には、事前に目立たない場所でテストを行ってください。溶剤で下地を痛める場合があります。