社長メッセージ

社長メッセージ

素材と色で彩る世界は美しく、未来は明るい。
歩みを留めずさらなる高みへ。

カッティングシート®と歩んできた道

半世紀前、新しい色の素材として産声をあげたカッティングシート®は、その使いやすさと、クリエイターの自由な創造力を形にできるデザイン素材として、今ではサインやディスプレイ、ショーウィンドウ、室内装飾、工事の仮囲いなど、実にさまざまなシーンで活躍をしています。発売当時は、その新しさゆえに普及には時間が掛かりましたが、高度経済成長期とCI ブームを追い風にカッティングシート®は従来の塗料とは一線を画す価値と意義を世の中に提供し、その認知の拡大を続けて参りました。

掘り下げた素材の真価

私たちはカッティングシート®を切って貼ることで創出される素敵な街の景観や空間の演出を「CS(Cutting Sheet)デザイン」と呼び、この素材の真価をあらためて自分たちに問うてきました。カッティングシート®はデザイン素材であると同時に街の景観に大きく関わる素材でもあります。私たちは製品が普及をしていく過程で、無秩序に世の中に切り貼りされていく「色公害」とも言うべき遠くない未来を切実に憂いました。これは奇しくも「色で世の中に貢献する」という信念をカッティングシート®の開発に込めた創業者中川幸也の思いともぴったりと重なるものでした。

見つめ直す、世界の「色のあり方」

CS デザインのよりよい普及への挑戦と並行し、中川ケミカルでは、生活者や消費者の目に映る「色」を扱う責務から、人々の心地よいイメージや、快適な環境、満足感のある雰囲気についての色の研究開発に取り組んで参りました。そして、財団法人日本色彩研究所とともに長い年月を費やし、日本独自のカラーシステム“NOCS(ノックス)” を完成させました。この活動はひとつの大きな成果となり、色彩計画に適した3000 色余りのカラーシステム“NOCS” は、現在の中川ケミカル全ての製品のベースとして力強く息づいています。

未来を彩る。我々にしかできないこと

カッティングシート®の色褪せることのない価値をいつまでも約束するために、私たちだからできること、そして私たちにしかできないことを模索するなか、1982 年には、装飾用シートを用いた美しく優れたデザインを世の中に発信する活動として勝見勝氏のディレクションのもと「第1 回CS デザイン賞」を開催し、現在も継続しています。また、2007 年にはCS デザインのコンシェルジュとしての機能を期待し、「見て、触って、体感できる」ショールーム「CS デザインセンター」を開設し、中川ケミカルは、色とデザインと素材で世界を、そして未来を美しく彩ることにこれからも挑んで参ります。